×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SBIアクサ生命の口コミ、評判、格付け情報

SBIアクサ生命とは?

SBIアクサ生命というのは、SBIホールディングスとアクサジャパンホールディング、そしてソフトバンクが出資して作られた、日本で初めてのインターネット専業生命保険会社のことをいいます。

SBIアクサ生命は、誕生してからすでに1年が過ぎたのですが、契約件数はこの1年で当初の10倍以上になっていて、順調に成長している生命保険会社でもあります。

SBIアクサ生命はインターネットで申し込める生命保険で申し込みからすべてネット完結できるタイプの生命保険会社です。

そのことから、かなりコストを抑えることが出来ています。

保険料については、SBIアクサ生命は、業界最安水準ともいわれており、インターネットなので保険料が安くなっています。

申し込みについてもインターネットで完結してしまいますし、保障のスタートもかなりスピーティーです。

SBIとアクサ、ソフトバンクが株主ですから、大手三つの企業がバックアップしていることから安心してはいれる生命保険会社です。

開業して200万人の人が保険に申し込んでいます。

死亡保険では月々700円台という安さから入ることが可能ですし、医療保険についても月々800円という安さで加入できることから、SBIアクサ生命は今保険料から考えても、様々な点から考えてもお得な生命保険会社です。

SBIアクサ生命の死亡保険とは?

SBIアクサ生命の死亡保険とは?

SBIアクサ生命の死亡保険は、月々765円という安さで、保険金500万円を受け取れる保険です。

カチッと定期という保険なのですが、一時金で最高4000万円の死亡保障が受けられますし、不慮の事故の場合には最高で8000万円の死亡保障、保険金額2000万円以上では最大26%割引きの料金で加入することが出来る保険です。

とてもシンプルで大きな死亡保障です。家計への負担も少なくそれでいて、家族が安心して過ごすことが出来るSBIアクサ生命の死亡保険は、お勧めです。

SBIアクサ生命の死亡保険はもう一つあり、カチッと収入保障という保険があります。

これは保障を減らして、保険料を大きく節約できる保険で、合理的な保険として人気です。

30歳女性の場合に、年金月額5万円の場合には、毎月935円の保険料で、60歳満了です。

お給料みたいに毎月受け取れる死亡保障や無事に満了できれば、無事故保険金がもらえますし、今までの生命保険と比べると、半額以上保険料を節約できる頼もしい保険です。

SBIアクサ生命の死亡保険は、どれもとても保険料を抑えてシンプルな内容になっていますから安心して加入することが出来て、家計への圧迫も少ないので、今から将来や万が一に、しっかりと備えることが出来る保険です。

SBIアクサ生命の医療保険とは?

SBIアクサ生命の医療保険

SBIアクサ生命の医療保険は、とてもシンプルで利用しやすい医療保険です。

日帰り入院や日帰りの手術にも保障が適応されますから安心して加入することが出来ますね。

SBIアクサ生命の医療保険は男女共通の保険です。

例えば、30歳の方が、入院日額5000円降りる保険に加入した場合には保険料は月々800円です。

最高で入院保障は2万円、がん特約は、最高で200万円一時金として受け取ることができます。

80歳までなら健康状態にかかわらず更新できる医療保険です。

SBIアクサ生命のカチッと医療は、とてもシンプルでわかりやすい医療保険です。

インターネットで加入できますから保険料もとても割安で、手厚い保障です。

健康状態を告知するだけで、入院1日当たり2万円という手厚い保障ですから、これなら安心して加入することが出来ます。

保障内容も自由設計可能です。がん特約を付ければ、入院は最高4万円、がん入院の一時金は最高で200万円受け取ることができます。

医療保険を自分に合わせて選ぶことが出来るのが、SBIアクサ生命の医療保険の特徴です。

ライフスタイルに合わせて随時見直しもできますし、無駄の少ない節約型の医療保険ですから、経済的にも負担が軽いのが特徴です。

その他のページ SBIアクサ生命の死亡保険 / SBIアクサ生命の医療保険

ペット保険に関して

最近は生命保険だけではなく、ペット保険にも注目が集まっています。

大切なペットに関しての保険というものはどのようにみればいいのかというのがわかりづらいというのがあるかと思います。

比較対象というのもそれほど多くないので、難しいかと思います。

そういった時にはやはり一括資料請求をしてしまうのが得策かと思います。

1つ1つの保険がそれぞれで特色を出しているので、それぞれのペット保険を見比べて自身にあったものを選ぶようにしましょう。